ドメイン
パチスロとの出会い さよなら借金生活 


さよなら借金生活 
-あの時の苦しさを繰り返さないために-
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

スネーク

Author:スネーク
スネークです。

FC2カウンター

2008.11.4設置

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

あなたの好きな趣味や、あなた自身の悩みごとを題材にして、それを解決しながら人様の役にたつ記事を書いて1日2時間のスキマ時間で月30万円稼ぐ戦略「アメリタ~Amerita」
このブログに初めて訪れた方は
こちらをご一読下さい →
スネークのプロフィール
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

パチスロとの出会い
ブログランキングに参加しています
スネークはパチスロが大好きでした。
でも、好きで続けたいけれど
負けてお金が続かないからできればやめたい。
でもどうしてもやめれない。
だからパチスロをやめるためにもこのブログを存続させたい。

これは、スネークがパチスロ依存していくまでの話です。

まず、スネークのパチスロとの出会いについて。

昔、スネークがまだ小さい頃、
パチスロを打っている父を、
パチンコ屋に迎えに行く事がありました。

私の地元はど田舎のため、どこへ行くにも車が必要です。

父は朝から友達の車でパチンコ屋へ来ており、、
もうやめるので迎えに来てくれと家に電話が入りました。

母はまたかと毎回の事にあきれながらも、
買い物の用事もあるので迎えに行くことに。
私も一緒について行きました。

パチンコ屋に着くと、母は中に入るのが嫌らしく、
私に父を呼んでくるように言います。

仕方ないので、私が呼びに行くのですが、
(18歳未満の立ち入り禁止のはずですが・・なぜか入れた。)

父は、まだやめずに打っています。
全然やめる気配はありません。

こんなことが時々あり、
パチスロを打っているの傍で
終わるまで待たされていました。

機種は、よく覚えていません。

でも、子供のスネークは、
傍で待つ事に退屈じゃありませんでした。

大音響のホールの中で、
ピカピカと光るパチスロ機に向かい
大の大人たちが一生懸命リールを回している。

正直、自分もやってみたくてたまりません。
ついつい手がでますが、さすがにに止められます。

そんな中、不思議に思う事がありました。
7がそろわないんだろう??
狙ったらそろうんじゃない?
僕だったら絶対合わせられる!

なんて、どれだけ純粋なんでしょうか。
まだやっぱり子供でした。

実際は、機械内部でボーナスのフラグが立っていないと
リール制御が働いて、7を狙ってもそろいません。
当時は知るわけもない・・・というよりも、教えられたとしても理解できたかどうかわかりません)

そんな感じで、すでに生活の中にスロットは存在していました。

次回に続く・・。


こちらから
パチスロ10年期 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 1997/07/07(月) 07:07 ]

<<こつこつ物語 | ホーム |

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://truelovepower.blog55.fc2.com/tb.php/71-6877f9cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 さよなら借金生活  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。