ドメイン
寒い日は、あの日の事を思い出す。 さよなら借金生活 


さよなら借金生活 
-あの時の苦しさを繰り返さないために-
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

スネーク

Author:スネーク
スネークです。

FC2カウンター

2008.11.4設置

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

あなたの好きな趣味や、あなた自身の悩みごとを題材にして、それを解決しながら人様の役にたつ記事を書いて1日2時間のスキマ時間で月30万円稼ぐ戦略「アメリタ~Amerita」
このブログに初めて訪れた方は
こちらをご一読下さい →
スネークのプロフィール
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

寒い日は、あの日の事を思い出す。
ブログランキングに参加しています
↑惚れた晴れた泣いた笑った それでも年は暮れゆく↑


スネークは、昔から非常に惚れやすい男である。

会社の同期の大卒連中に誘われて、
高卒のスネークが初めてコンパとよばれるものに連れていかれた。

そこで、知りあった4つ年上の女の人を好きになった。

当時、まだ女性経験もほとんどなかったスネークは
友達になったその人と毎晩のようにメールをしたり、電話したり・・・。

時々映画を見に行ったりもした。
冬だった。

付き合ってはいなかったが、
今思えば、良い感じの関係だったと思う。

しかし、すでに当時パチスロの虜だった私は、
給料のほとんどをパチスロに費やしていた。

ある時彼女は、
スノーボードに行きたかったらしい。
思いがけず、彼女のほうから誘ってきた。

くそ田舎育ちのスネークはスキーなんてやったことがなかった。
でも、やってみたかった。
しかも好きな彼女から誘われたのだから。

しかしちょうどその時、スロットで負け続けており
お金がなかった。

スネークが20代になったばかりの頃か、
まだ10代だったかも知れない。

その頃はまだカードローンなんて考えたこともなかったというか、
給料以外にどこかから引っ張ってくるなんてことを思いつかなかった。

でも、お金がないなんて恥ずかしいこと言えないので
適当なこと言って嘘をついた。

興味ないとかなんとか・・・。

その時を境にメールや電話が途切れがちになった。

というよりも、スネーク自身にお金がないので、
スロットでなんとか勝ってから誘おう
・・頭の中はそればっかりで連絡もしなかった。

・・・負け続けたのである。

こっちから連絡できなかった。

そして、いつの間にか向こうに新しい彼氏ができ、終了。

こうして、うまくいくかも知れなかった恋愛が一つ、消えた。

映画館の前を通るたび
またスノーボードの話題が出るたび、
彼女の事を
今でも時々思い出す。

自業自得の日々が、
すべてを奪っていったのだ。

終わりなき後悔はこれからも続く。
自分自身へ | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/12/26(金) 23:22 ]

<<パソコンの中身を整理せざるを得ない | ホーム | クリスマスは今日だったのね>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://truelovepower.blog55.fc2.com/tb.php/149-238ea3c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 さよなら借金生活  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。