ドメイン
パチスロ10年期 さよなら借金生活 


さよなら借金生活 
-あの時の苦しさを繰り返さないために-
>> ホーム
>> RSS1.0
プロフィール

スネーク

Author:スネーク
スネークです。

FC2カウンター

2008.11.4設置

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

あなたの好きな趣味や、あなた自身の悩みごとを題材にして、それを解決しながら人様の役にたつ記事を書いて1日2時間のスキマ時間で月30万円稼ぐ戦略「アメリタ~Amerita」
このブログに初めて訪れた方は
こちらをご一読下さい →
スネークのプロフィール
スポンサーサイト
ブログランキングに参加しています
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
[ --/--/--(--) --:-- ]

とある平日の夜
ブログランキングに参加しています
額ににじむ汗。

カウンターは800回転を超える。

時間は21時40分。

投資した金額、1万7千円。

まわせばまわすほどに
何の変化も起きない液晶。

千円札が湯水のごとく消えていく。

財布の中にはあと4千円。

一回ボーナスを引いたところで
今日の負けは取り返せない。

わかっているがやめられない。

子役の引きがやけにいい。
千円あたりの回転が伸びる。

しかし、いっこうに当たりは来ない。

残り2000円。

22時を回る。

一瞬、ためらうが、
一回当てたら即やめだ!

払い出される50枚の貸しコイン。





状況は何も変わらず
最後のプレイで席を立つ。


ポケットにつっこむ
握りしめた最後の千円札。

二度とこんな店にくるかと
ホールの玄関に唾を吐き、その場を立ち去る俺。


22時半帰宅。

鍵と財布をベッドの上に投げ捨てる。

洗面所で
コイン垢で真っ黒になった手を洗いながら
またやってしまったと悔やむ。

くそ!くそ!くそ!!!!

体を包むたばこの匂いがたまらなく気持ち悪い。

くそ。

今日下ろしたばかりなのに
また明日も銀行に行かなきゃいけない。

くそったれ。
スポンサーサイト
パチスロ10年期 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/02/26(木) 00:34 ]

6000円がひとつの単位
ブログランキングに参加しています
いま現在、
スロットでボーナスを引くと、

一度に平均300枚手に入る。
(これより少ない機種も多々ある)

等価交換で、6000円となる。

一昔前、大量獲得機と呼ばれるものは
1回のBIGで711枚
約14000円も一度に手に入っていた。

それでも、平均した機種はは400枚前後だったので
だいたい7000円くらい。


ビッグ1回の思考が生まれる。

すべての商店の品物の単位が、
1ビッグ=6000~7000円に置き換わる。

服を買いに行っても

5980円か~。

一回引けりゃ、元が取れるな。

29800円。

5回か~。ちょっとしんどいな。

こんな感じのものの見方になっていた。

この話を一般の人が聞くとどう思うだろうか。

お前の頭の中はパチスロのことばかりか。
ほんとに救いようがないやつだ。

こう思うのが普通だろう。
パチスロ10年期 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2009/02/23(月) 23:42 ]

高熱出ててもやめられない
ブログランキングに参加しています
ある夏の日のスネーク。

朝から体調が悪く、会社を早退。

10時くらいに帰り、
病院に行き薬をもらい
帰って来て、そのままダウン。

目が覚めると
時間は14時。

薬が効いたせいか、
体調は普通の状態に落ち着いたかに思える。

こうなると
行くところは一つ。


仕事場にばれないように
遠くのパチンコ屋へ。


スロット開始。




1時間。


2時間。


3時間。


大負けはしていないが、
勝ってもいない。

現在収支はマイナス。
これでは帰れない状況が続く。


そうこうしているうちに、
時折、悪寒が走ってくる。

冷汗ともなんとも呼べないものが
もみあげの上あたりからあふれてくる。

気持ちの悪い
ゲップがこみ上げて、
思わず「うっ!!」

なんだかが出てきたようだ。



季節は夏。

当然ホールはエアコンが全開。

ホールの冷たさは、
体調の悪化をありえないほど助長する。

とうとう吐きそうになってきた。

でもやめられない

もう一回当たれば!
もう一回来れば!

頭はふらふら。

限界の状態にもかかわらず

続けるスネーク。


最後になんとか当たって
プラマイゼロでホールを後にする。

車の中で気が遠くなる。

帰ってを測ったら、
38度後半だったと記憶している。

もちろん次の日、
その次の日と連続で仕事を休んだ、
この理由は誰にも言えない。

体調を犠牲にしててもやめられない

これと似たような心境。
陣痛がきててもやめられない(youtube)


もう一回当たらないとやめられない
当たらないと気が済まないわがまま性格。


その性格のおかげで、
このブログのごとく身を滅ぼしたスネークだ。
パチスロ10年期 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/12/10(水) 02:04 ]

10万以上つぎ込む心理
ブログランキングに参加しています
10年間で

パチスロでの1日最高負け額が

13万円。

それが、ボーナスもらった週の休日。

ここでの救いは、まだ給料の範囲で遊べていた事。

(注意)
もしパチスロに詳しい方がいらっしゃいましたら、
この負け額は、、サラリーマン金太郎やミリオンゴッド、
吉宗導入期など4号機全盛の頃ではありません。

その頃は2年ほどパチスロをホントにやめていました。

4号機全盛の頃は、ざらに10万負けとかあったようです。
その頃に関わっていなくてよかったと思っています。




その日は朝から期待と興奮を抑えながらも
開店前にパチスロ屋へ並んでいた。

9時開店と同時に、他の客との競争の中、
目当ての台へと滑りこむ。

1万円を千円札10枚に換金し、いざプレイ開始。

手持ちは4万。予算は十分。気分的にも余裕で始められた。

しかし・・・・


9時半、10時・・・


11時・・・。


時間はどんどん過ぎていく。


しかし、まったく当たらない。

隣の台は連ちゃんの嵐。


額ににじむ汗。


己の目線は隣の台をチラリチラリ。

湧き上がる立腹感と苛立ち。

台+隣のコインを箱に詰める時にシェイクするおやじを
殴りそうになるのを必死に抑えながらも
ひたすら当たりが来るのを待つ。


11時を回ったところで、持ち金が3千円を切ってしまった。


1000回以上回して、1回も当たっていない。


でも、確率は、収縮するはずだ。

1回当たれば、絶対なんとかなる。


そして待望のBIGボーナスが。

やっと来たか・・。

連ちゃん頼むぜ!!


・・・・・


持ち金が尽きる寸前にボーナスひくも、
その当たりで出たコインも全て飲まれてしまった。

持ち金は千円。


車のキーを台の皿に放り込む。

目指すはATM。

3万おろしてきた。


何を考えているかといえば、

悔しさで、むかつくと連呼し、
こみあげる焦りは自分を追い立てていた。

着席して再開するも、1万ほど追い金して出ないのでさすがにやめる。


周りを見回して、当たっている空き台に移動。

数千円突っ込むも、華麗にスルー。

また持ち金が1万2千円くらいになった。


時間は1時半。



まだ大丈夫。設定6さえつかめば七万くらい取り返せる時間だ。



店を変えることにした。

途中、もう一度ATMに行き3万おろす。

そして、2件目。

2、3千円であたりをひくも、ちょっとづつ現金投資を強いられる展開。

午後4時も過ぎたころ

気づけばまた財布は空に。



もうどうにでもなれ。

壊れた。

やけくそである。

ATMでもう一度3万をおろす。

疲れた頭は正常な思考ができる状況にない。

これぞ、いわゆる最後の未練打ち。



午後8時、持ち紙幣、0。

わずかに残る小銭で夕食。


死にたいと思える1日だった。

これが、破滅する人間の思考。


狂った金銭感覚は途中で止められない。

行くところまで行ってしまう。

あるだけ投資してしまう。

何も後の事を考えていない。



汗水たらして働いた己の価値が
水のごとく流れていった。

それに対して、何も思えなかった自分は狂っていた。

上司に怒られながら片づけたあの仕事。

遅くまで残って作った資料。

つなげて考えることができなかった。

パチスロをするという行為=
自分が楽しんだんだからいいじゃないかという声もあるかも知れないが

結果は、無駄である。

お金はなくなった。
そのお金を稼ぐに費やした時間。
今日1日という時間。

疲れと虚しさだけが残る。




しかし、
当時そこにはまだ


「明日こそは」

と燃える自分がいた。





病気である。
パチスロ10年期 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2008/12/01(月) 23:52 ]

パチスロとの初体験
ブログランキングに参加しています
社会人になりました。


18歳以上なら、
タバコは吸える!(吸いませんけど)


まだ酒は飲めない!


でも晴れて、
パチンコ屋に堂々と入れる!!


早速初任給を頂きました。

ということで、その初任給を握りしめ

新しく会社で知り合った同僚と
初めてパチンコ屋へ足を運ぶことになりました。

199X年4月の春でした。


同僚は、学生時代から
パチプロみたいなことをして小遣いを稼いでいたようで、
無茶苦茶にパチスロの事に詳しく、
聞けば聞くほど、
私でも勝つことが簡単の様に思えました。


その時、訪れたホールで私が選んだのは、
「アステカ」というパチスロ機でした。


とりあえず私も彼の隣に座ります。
そして、手慣れたようにアステカを打ち始める彼。

その横で、どうしたらいいのかわからない私。

彼が教えてくれました。


1.両替機で、1万円を1000円札に変換する。
2.台の横にある、コインサンドと呼ばれる箇所に1000円札を投入する。
3.貸しメダルとして50枚が払いだされる。


コインは手に入りました。

さぁ、初めての勝負開始です!

コインを3枚投入し、レバーを叩く。
親父の横で手も足も出なかったリールを止めることができる!!

こりゃ最高だ!!

ドキドキしながら、同じ行為を繰り返します。

いきなりサシシと呼ばれるリーチ目登場!

BIGボーナスです。


・・・ビギナーズラックはあるんですね。





その後
3時間ほどで、1500枚ほど出てしまいました。

出すぎた感じがして、
正直怖くなりました。


そこで、換金したいと彼に申し出ました。

また彼に教えてもらいました。

4.コインの箱をもって、コインジェットへコインを流します。
5.レシートが出てくるので、景品カウンターへ持っていきます。
6.カウンターのお姉さんにレシートを渡すと、景品をくれます。
7.換金所が店の出口付近にあるので、その景品と交換。


ドキドキしながら換金所の窓口で景品を中の人に手渡します。


すると、中からおっさんの低い声で、

「はい、3万1200円。」
(たぶんこれくらいかと記憶しています)



うぅぅおぉぉぉぉぉ!!




楽して、遊んで、3万もてにはいっちまったぜぇ!!!!!

まじでっ?最高やんっ!

パチスロを教えてくれた彼に感謝ーーーーー!!

そして運よく?いや実力?

パチスロなんて余裕やん♪ 

もう有頂天です。 (このアホが・・・)


さーて、このお金で服でも買っちまうか!!!


この経験が、後々自分の人生を大きく狂わすとは

この時、微塵も思っていませんでした


もし、最初に負けていたら続けなかったか?
といわれても、
負けず嫌いの私です。

勝つまでやってしまったと思います。

既に性格の中にも借金マインドは存在していたようです。



次回へ続く・・・。



こちらから
パチスロ10年期 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2008/10/30(木) 22:59 ]


次のページ
copyright © 2017 さよなら借金生活  all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。